ヴィーナー・シュニッツェルは一度食べるべし

ヴィーナー・シュニッツェルはウィーン風トンカツ

ヴィーナー・シュニッツェル,ウィーン,トンカツ

ヴィーナー・シュニッツェルはウィーンの名物。ヴィーナーとはウィーンという意味です。

 

ヴィーナー・シュニッツェルはウィーン風トンカツ。日本のトンカツとは違って脂身がなく、肉を薄く延ばして大きくしたものをカラッと揚げてます。

 

これがまた美味しい。ウィーンに来ると必ず食べます。写真は皿より大きいヴィーナー・シュニッツェルです。正直言って食べ切れませんでした。ですが、ウィーンの人は女性でもぺろりと平らげます。

 

味は美味しいは美味しいのですが、日本のトンカツのようにソースやみそや大根おろしがあるわけではなく、割とあっさりとしてます。

 

さすがにウィーンも3回目となればそこは一工夫。実は近くのスーパーで醤油を買っておきました。私はソースより醤油派なのです。醤油をかけて食べました。美味しいですよ。

 

初めての連中は最初笑ってましたが、そのうち同じ味にあきてきたのか、かけだしました。みんなの反応は「美味しい」でした。

 

そうでしょう。世界のソイ・ソース(醤油)をなめちゃあかんよ。ちなみに大根おろしと醤油で和風ヴィーナー・シュニッツェルもいけそうだということになりました。

 

その他にスープも美味しかった。ミートボール入りとかぼちゃの種入りスープどちらもいけます。
ミートボール入りスープ  かぼちゃの種入りスープ

 

このお店は「Figlmuller(フィグル・ミューラー)」というお店で予約が必要なほど混んでます。

 

フィグル・ミューラー  ポテトとルッコラ

Figlmuller(フィグル・ミューラー)のマップとポテトとルッコラのサラダ


ヴィーナー・シュニッツェル関連エントリー

ザッハトルテ
ザッハトルテはウィーン生まれのケーキ。
NORDSEE
NORDSEEはフィッシュフライサンドや、フィッシュフライやシーフードサラダなどの海のもののファーストフード店
ヴィーナー・シュニッツェル
ウィーンの料理といえばヴィーナー・シュニッツェル。日本で言うと薄くしたワラジトンカツです。
ドナウ川の日の出
泊まったホテルのすぐ裏がドナウ川、ちょうど日の出が見える場所でした。美しい光景でした。